『Google Chrome Side search』で検索効率アップ!

ウェブ検索で熱中して情報を集めているときに、タブがたくさん開いてしまって管理が面倒になったという経験はありませんか?

ぼくも検索画面から山ほどタブを開いて、どこに何があったかわからなくなるような情報収集ばかりしていました。

今回は、そんな悩みをスパッと解決してくれる『Google Chrome Side search』について解説します。

「いろいろ調べているうちに、ブラウザにタブが溢れてしまった」ということも避けられるようになりますよ。

・『Google Chrome Side search』とは (実際の起動画面アリ
・『Google Chrome Side search』の導入から起動まで解説

『Google Chrome Side search』とは

ブラウザソフト『Google Chrome』の拡張機能

Side search』は、Google公式のウェブブラウザソフトである『Google Chrome』の拡張機能のひとつです。
今のところは実験段階(Experiment)として位置付けられていますが、将来的には正式な拡張機能として公開されるかもしれません。

実際の『Side search』の使用画面

文章で説明するよりも、実際の様子を画像で見ていただいた方がわかりやすいと思います。

このように、左側に検索結果画面を表示しながら、右側でページの中身を確認できるようになります。

みずきち
検索して出てくるサイトをひとつひとつ流し読みしたい時に便利ですね。

「検索結果に出てきたサイトを、タブで一括して開く」というテクニックもあるようですが、それだとタブをいちいち閉じていくのが面倒です。

Google Chrome Side search』なら、複数のサイトをスマートに移動できます。

『Side search』の利用は無料

Google Chrome』を使っているのであれば、『Side search』は誰でも無料で利用できます。

必要がないと思えば設定はいつでもオフにもできるので、試すのもお手軽ですね。

『Google Chrome Side search』の導入の手順

Google Chrome』をお使いの方なら、導入は簡単です。

まだ『Google Chrome』をインストールしていないという方は、これを機に導入することをオススメします。
公式サイトからダウンロードしてみてください。

Side search』の導入は簡単で、3ステップだけです。

  1. Google Chrome』のアドレスバーに「chrome:flags」と入力
  2. Side search」フラグを探す
  3. ドロップダウンメニューでステータスを「Enabled」に切り替える。

以上で設定は完了です。

あとは、『Google Chrome』の再起動を求められるので、その通りにしましょう。
再起動が要求されなければ、手動で一度再起動してください。

『Google Chrome Side search』を起動してみる

Side search』の起動も簡単です。

Google Chrome』でGoogleの検索画面からサイトを開くと、ブラウザの左上に「G」マークが表示されるようになります。

それをクリックすると、はじめにお見せしたように、サイドバーで検索画面が表示されるようになります。

まとめ。『Side search』で検索効率アップ!

Google Chrome Side search』を使えば、サクサクとウェブ検索を進められます。

「いろいろ調べているうちに、山ほどタブができちゃった」ということも避けられます。

導入も非常に簡単なので、試してみることをオススメします。

研修医としての働きかたに悩んでいるあなたへ。

「理想の研修生活を送れていない…」
「思った通りに仕事ができない…」
「周りからの評価が低い気がする…」

自信がないまま、日々の仕事をしていませんか?

このサイトでは研修医の仕事の悩みの解決方法を解説します。
その中心になるのが、「iPadをいかに使いこなすか」ということ。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

iPadこそが研修医に必要な仕事道具である