ユーザー辞書に登録して、よく使う用語を時短入力する

決まった単語や文章を何度も使うということは珍しくないと思います。

今回は、そんな用語の入力を時短でやっつける小技をご紹介。

Macの『ユーザ辞書』に、頻用語を登録する

Macで『ユーザ辞書』に登録する

右上の部分(ステータスメニュー)内にある文字設定の部分をクリックします。
そして、『ユーザ辞書を編集…』をクリックします。

すると、『環境設定』の『キーボード』画面が表示されます。

「+」マークを押すと単語を登録できます。

『ユーザ辞書』単語登録のポイント

ユーザ辞書の単語登録ですが、2文字以上の入力で変化されるように登録することをオススメします。
1文字だと、意図しないタイミングで変換されてしまったりして逆にストレスになるケースがあります。

たとえば、「よろしくお願いします」を「よ」で登録すると、「よる」「よびだし」などを入力しようとするたびに、変換候補に「よろしくお願いします」がチラついてしまいます。

実際に単語を登録してみて、不便さを感じたら文字数を調整してみてください。

どんな単語を登録すると便利か

個人情報系

まずは個人情報系を登録すると良いでしょう。

特に、メールアドレスは入力を求められる場面が多いので、登録しておくと便利です。

  • じゅうしょ:自宅の住所
  • けいたい:携帯電話の番号
  • しょくば:勤務先の住所
  • あどれす:仕事用のメールアドレス

他人との連絡での定型文

メールの定型文などを登録しても良いと思います。

ぼくがよく使うのは、フリマアプリ『メルカリ』での取引相手への返事の定型文です。

  • しょうひんを:商品を発送いたしました。
  • このたびは:この度はお取引ありがとうございました。

研修医としての働きかたに悩んでいるあなたへ。

「理想の研修生活を送れていない…」
「思った通りに仕事ができない…」
「周りからの評価が低い気がする…」

自信がないまま、日々の仕事をしていませんか?

このサイトでは研修医の仕事の悩みの解決方法を解説します。
その中心になるのが、「iPadをいかに使いこなすか」ということ。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

iPadこそが研修医に必要な仕事道具である