時間がない臨床医こそYouTubeで勉強すべし

「あの身体所見、名前は思い出せるんだけど、具体的にどういうモノだったっけ?」

「生理学でやったあの内容、ちょっとだけ確認したいな…」

わざわざ教科書を買うほどでもないけど、勉強・確認したいことがある。
こういった経験のある先生も多いのではないでしょうか。

そんなときには、いちどYouTubeで検索してみると、意外とお目当ての情報が見つかるかも!

この記事はこんな先生にオススメです!

  • 教科書を買うほどではないが、勉強したいことがある
  • ちょっと思い出しがてら確認したいことがある

今回は、臨床医の勉強にもなる、YouTubeでのオススメ動画ジャンルについて解説します。

  • 診察手技や基礎医学こそYouTubeでの勉強に最適
  • 医学英語も、本場のドクターの参考動画がたくさん
  • BGMとしてもYouTubeはオススメ

身体診察や手技の映像を見られる

身体診察や処置手技の動画も多く載っています。

ぼく自身も、「眼振」や「West症候群のスパズム」がどんなものか検索して確認したことがあります。 骨髄針の留置など、実際に見たことがなかったような手技もYouTubeで確認していました。

日本語で解説しているものは少ないので、英語で検索しましょう。

「west syndrome spasm」で検索
みずきち
イメージが掴みづらい身体所見があれば、YouTubeで探してみてください!

基礎医学の動画も豊富

基礎医学についても、詳しく解説している動画がYouTubeには数多くあります。

恥ずかしながら、ぼくは遺伝学についてほとんど知識がありませんでした。
必要に迫られて勉強を始めた当時、教科書を読んでもチンプンカンプン…
そんな中で、YouTubeにある解説動画にとても助けられました。

高校生物の解説動画でも、久々に基礎医学を勉強する先生にとっては、十分な助けになると思います。
統計学や生化学なども、YouTubeで勉強すると良いかもしれません。

教科書を読んでも頭に入りづらい内容は、動画で勉強してしまいましょう。

特にお世話になったチャンネル「おうち生物」の動画

ただし、ひとつ注意点が。
患者さんに直接還元される、実臨床に関する知識については、YouTubeはやめておいた方が良いです。
もっと情報源(ソース)として信頼できるもので勉強することを勧めます。

医学英語も本場の動画で

医学英語も、YouTubeで勉強動画がたくさん上がっています。

留学をするわけでなくても、患者と英語でやりとりをしなければいけないときの予習などにどうでしょうか。

「medical english」で検索

座学のBGMにも使える

YouTube自体で勉強をしなくても、座学の勉強のBGMとして役立ちます。

「無音では勉強できないけど、音楽を聴くと集中できない…」

そんな先生には、「自然音」や「カフェミュージック」がオススメ。
映像も落ち着いたものが多く、うっかり目に入っても邪魔になりません。

個人的におすすめなのが「ポモドーロテクニック」を組み合わせた自然音のBGM。
(ポモドーロテクニックについては、こちらの記事で解説しています。)

みずきち
『雨の音』と『焚き火の音』が個人的に好みです。

YouTubeを医学の勉強に活用する

今回は、臨床医の勉強にもなる、YouTubeでのオススメ動画ジャンルについて解説しました。

  • 診察手技や基礎医学こそYouTubeでの勉強に最適
  • 医学英語も、本場のドクターの参考動画がたくさん
  • BGMとしてもYouTubeはオススメ

医学的なコンテンツもYoutubeには数多くあり、ちょっとした疑問を解決するのに役立ちます。

ただし、臨床医学については情報の信憑性にバラつきがあるようです。
Youtubeで勉強するにしても、基礎医学や基本的事項の確認にとどめておくほうが無難でしょう。

みずきち
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!
関連記事

iPadを持っている先生を見かける機会も増えてきました。そんな中でも、「臨床医の仕事でどう使っていいかわからないな...」という先生は多いのではないでしょうか?「医者の仕事をなんでもかんでもiPadでやろうとして、結[…]

関連記事

医師になってからも日々勉強、勉強。ただし、学生時代のように、まとまって勉強する時間はなかなかありません。インプットしても、数年もしないうちに情報はアップデートされて、せっかく暗記した内容も古くなってしまいます。夜な夜な詰め込[…]

研修医としての働きかたに悩んでいるあなたへ。

「理想の研修生活を送れていない…」
「思った通りに仕事ができない…」
「周りからの評価が低い気がする…」

自信がないまま、日々の仕事をしていませんか?

このサイトでは研修医の仕事の悩みの解決方法を解説します。
その中心になるのが、「iPadをいかに使いこなすか」ということ。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

iPadこそが研修医に必要な仕事道具である