『wemo』は便利だけど使わなかった

仕事中にちょっとメモをとりたいとき、どうしていますか?
手元に手帳やメモ用紙があればいいのですが、そうでない時は手の甲に書いてしまったりしませんか?

でも手の甲って、楽だけどちょっと見栄えが良くない。

そんなときにあると便利なのが『wemo』。ぼくもしばらくは愛用していました。
病棟で頼まれたオーダー、後で調べようと思った単語、仕事終わりに買って帰るモノ…。なんでもメモしまくっていました。

ですが、しばらくしてから、いくつか理由があって使うのをやめてしまったんです。

今回は『wemo』のいいところ、気になるところについての記事です。

『wemo』とは?

ウェアラブルメモ、略して『wemo』。

簡単に言うと、手首に巻くタイプの、何度でも書いて消せるメモ帳です。
もとは看護師が「手の甲に患者さんのバイタル情報をメモしている」のを元に開発されたそうです。

手の甲に書くよりも見栄えは良いです。

また、手の甲に書いた文字は消毒や手洗いで消えてしまいますが、『wemo』ならそんなことはありません。

最近では手首に巻くタイプ以外にも、名札入れやスマホカバーなどの形でも販売されています。

『wemo』は確かに便利だった

パッと書けるし、消しゴムで消せる

特別なペンを用意しなくても、手持ちのペンでささっと書き込めるので便利でした。

書き心地も悪くなく、ささっと書き込むには十分。

水がかかっても大丈夫

水がかかっても書いた文字は消えないので、手洗いの時につけていても大丈夫です。いちいち取り外しをする手間もありません。

なぜ『wemo』を使わなくなったのか

メモの内容が人目につく

一番の理由はこれでした。きれいに書ける分、他の人からもメモの内容が見やすいのです。

これに気づいたのは、後輩が同じように『wemo』を使っているのを見た時です。

やり残したタスクや調べたい内容をたくさん書き込んでいて、勉強熱心だなと思う反面、仕事が溜まってるんだな…という印象を持ってしまいました。

後輩には申し訳ありませんが、それ以降ぼくは『wemo』を使うのを控えるようになってしまいました。

緑色のwemoを使えば見づらくはなるようですが、それはそれで目立ちますし…。

Apple Watchを優先したかった

もう一つの大きな理由が、「Apple Watchと併用するのが難しい」というものでした。

『wemo』と一緒にApple Watchをつけようとすると、さすがにゴチャゴチャしすぎてしまいます。

ぼくは当時からApple Watchの『ToDoリスト』や『タイマー』をよく使っていたので、これらを手放せなかったんです。

ジェットストリームと相性が悪い

これは公式サイトにも書かれているのですが、ジェットストリームは跡が残りやすいために、『wemo』に書き込むペンとしては非推奨だそうです。

ぼくはジェットストリームの4色ペンを持ち歩いているので、困るところでした。

まとめ。使う場所を選べば非常に便利。

腕時計をしない、「他人に見られるのなんか気にしないよ」という方にはとても便利なアイテムだと思います。

一度試してみる価値はあるとは思うので、ぜひどうぞ。

研修医としての働きかたに悩んでいるあなたへ。

「理想の研修生活を送れていない…」
「思った通りに仕事ができない…」
「周りからの評価が低い気がする…」

自信がないまま、日々の仕事をしていませんか?

このサイトでは研修医の仕事の悩みの解決方法を解説します。
その中心になるのが、「iPadをいかに使いこなすか」ということ。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

iPadこそが研修医に必要な仕事道具である