臨床医が使うべきサブスク『Microsoft 365 Personal』

先生方も、WordやPowerPointなど、Microsoft Officeのソフトをよく使っているのではないでしょうか?

  • レポートや論文を書く時にWordを使う
  • 当直表や患者リストをExcelで作っている
  • 学会発表や院内勉強会はPowerPointでスライドを準備する
みずきち
院内のパソコンにインストールされている場合も多いでしょう。

最近はGoogle Documentなど、他社のソフトウェアも充実してきています。
けれど、ファイルの互換性やプラグインの豊富さから考えても、いちばん使い勝手がいいのはやはりマイクロソフトの純正品です。

さて、WordやPowerPointは、定期的にバージョンのアップデートがあるのが良いところです。
ただ一方で、その都度ソフトを更新しなければいけません。
自分のパソコンで作業をするのに、新しいソフトを毎回購入するのがメンドくさい…
そう思っている先生も多いのではないでしょうか。

そこでオススメなのが、『Microsoft 365 Personal』!

この記事はこんな先生に役立ちます!

  • 常に最新のOfficeのソフトを使いたい
  • 複数のパソコンでOfficeのソフトを使いたいけれど、いちいち購入するのが面倒
  • iPadでもWordやExcelを使いたい

今回は、Microsoft 365 Personalを利用するメリットについて解説します。

  • Microsoft 365 Personalとは?
  • なぜ医師にオススメなのか
  • Microsoft 365 Personalをおトクに購入する方法

Microsoft 365 Personal(最新 1年版)

Amazonで今すぐ購入する

Microsoft 365 Personalとは?

みずきち
簡単に言うと、「Microsoft Officeソフトのサブスク」です。

常に最新のWordやPowerpointを使える

Microsoft 365 Personalなら、手間をかけずに常にソフトをアップデートしてくれます。

Officeのソフトは、買い切りタイプ(一度購入したらずっと使える)で使っているよという先生も少なくないでしょう。
まさにソフトを「買うだけ」なので、導入するのはとても楽です。
けれど一方で、大きなデメリットがあります。
それは、「新しいバージョンのソフトが出たら買い直さなければいけない」ということ。

実はぼくもかつて、買い切りタイプのPowerPointで満足していました。
定期的に更新が必要なのを知りながら、メンドくさがってアップデートをせずに使い続けていました。
するとある学会発表の場で、そのデータをうまく使えないというトラブルに遭ってしまったんです。

原因は、ぼくが使っていたPowerPointのバージョンが古いせいでした。

みずきち
それ以来、ソフトは常に最新のものを使うようにしようと心に決めました。

Microsoft 365 Personalを使っていれば、そんなトラブルも避けられます。
使えるのは、基本的なWordExcelPowerpointだけではありません。
メーラーソフトOutlook、オンラインミーティングソフトTeamsも常に最新版を使用できますよ。

『Microsoft 365』公式サイト

アップデートも自動でおこなってくれるので、いちいち自分で更新を確認しなくていいんです。

最新のソフトにこだわって作業環境を整えるのは本当に大事です。
ファイルを安心して公の場に出すためにも、Microsoft 365 Personalで常にソフトをアップデートしておきましょう。

同時サインインできるデバイス数は5台

Microsoft 365 Personalでは、最大5台で同時にアカウントにサインインできます。

しかもソフトをインストールしておくだけなら、デバイス数は無制限です。
使用頻度の少ないデバイスでも、とりあえずインストールしておきましょう。
いざという時でもサインインするだけで、すぐにソフトを使えるようになるのでお手軽。

パソコン・iPad・スマホというようにデバイスを使い分けて仕事をしている先生でも、安心して始められます。
デバイスを買い替えた時にも、ソフトの再インストールに時間をかけなくてもよくなります。

1TBのOneDriveストレージがついてくる

Microsoft 365 Personal』なら、クラウドストレージ『OneDrive』の容量が1TBついてきます。

世界企業であるMicrosoftの運営するストレージサービスですし、データ管理に安心感があります。

みずきち
セキュリティトラブルや、データの事故消去などが起きる可能性が低そうですよね。

ぼくは仕事に関する書類や資料のデータを、すべてOneDriveに保存しています。
もちろん、プライベートの写真や動画のデータも保存できますよ。

クラウドストレージの使い分けについては、こちらの記事で解説しています。

イチオシは電子ノートソフトOneNote

電子ノートソフトにも色々あるので、どれがベストか迷う先生も少なくないでしょう。
臨床医が臨床現場で活用したいなら、OneNoteを使うべきです。

OneNoteには細かい機能がない分、自分の好きな情報やデータをサクサクと詰め込めて、動作も早いです。
テキスト入力はもちろん、PDFや画像ファイルも問題なく追加できるんです。

Microsoft 365 Personalなら、このOneNoteも同時に使えるようになります。
OneDriveと組み合わせれば、データ容量もドカンと使えます。
自分だけのノートに資料をガンガン詰め込みましょう!

OneNoteの具体的な使用例は、こちらの記事で解説しています。

関連記事

「臨床業務に、電子ノートアプリが役に立つらしい!試してみたいんだけど、どれがいちばん役立つのかわからない...」医学情報がどんどん増えるこの時代、手書きのメモだけで臨床業務を乗り切るのがますます難しくなってきています。[…]

Microsoft 365 Personalの購入方法

買うべきバージョンは『Personal』

今回オススメしているのは『Microsoft 365 Personal』です。

Microsoft 365』にもいくつかバージョンがあるので要注意。
似た名前の『Office personal 2021』というものがありますが、これはWindows用の永続ライセンス(買い切りタイプ)です。
間違えないようにお気をつけください。

Microsoft 365 Personalを購入するならココ!

Microsoft 365 PersonalはAmazonでの購入がオススメです!

その理由は2つあります。

  • いつでも公式サイトよりも1,000円程度安く購入できる
  • Microsoft 365 PersonalがAmazonタイムセールの対象になることがある

2022年7月現在、Microsoft公式ホームページからの購入では年額12,984円です。
一方で、Amazonからの購入であれば年額11,682円。

みずきち
1,300円もおトクです

Microsoft 365 Personal(最新 1年版)

Amazonで今すぐ購入する

Microsoft 365 Personalで、作業環境を快適にアップデート

今回は、Microsoft 365 Personalを利用するメリットについて解説してきました。

  • Microsoft 365 Personalで安心の作業環境を作る
  • OneNoteも一緒に使いこなして、現場で活用しよう
  • Microsoft 365 PersonalはAmazonで買うのがおトク!

Word、Excel、PowerpointなどのMicrosoft Officeのファイルを扱うのであれば、純正品に勝るものはありません。

自分のパソコンで論文作成をしたり、発表資料の作成をしたりする先生にぜひ!
サクッとMicrosoft 365 Personalを導入してしまいましょう。

みずきち
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

Microsoft 365 Personal(最新 1年版)

Amazonで今すぐ購入する

研修医としての働きかたに悩んでいるあなたへ。

「理想の研修生活を送れていない…」
「思った通りに仕事ができない…」
「周りからの評価が低い気がする…」

自信がないまま、日々の仕事をしていませんか?

このサイトでは研修医の仕事の悩みの解決方法を解説します。
その中心になるのが、「iPadをいかに使いこなすか」ということ。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

iPadこそが研修医に必要な仕事道具である