【抄読会】論文の探し方のコツ:どこで探すか決めておく

多くの施設で行われているであろう『抄読会』。

研修医の頃は、抄読会の発表担当が特に嫌いでした。
ローテート期間も短く、一般的な医学の勉強もしなきゃいけなくて忙しい。
その上、よくわからないジャーナルから論文を探し出すなんて…苦痛でした。

今回は、抄読会の発表を任されたときに、論文を探すオススメの方法を解説します。

みずきち
シンプルなものばかりですが、参考になれば嬉しいです。

どのジャーナルがいいか、上級医に聞く

一番早くて確実なのは、どのジャーナルから探せば良いか、上級医(あるいは抄読会の主催者)に聞いてしまうことです。
抄読会の目的に合った論文をいちばん確実に探しやすいからです。

抄読会を定期開催しているような施設であれば、オススメのジャーナルをある程度絞っている場合もあります。

どのあたりのジャーナルから探せば良いか、上級医に素直に聞いてみるのがよいでしょう。

みずきち
特に、初期研修ローテート中であれば、この方法が間違いがありません。

主要5大雑誌から検索する

主要5大雑誌(ジャーナル)であれば、どんな専門科の内容も扱ってくれていることが多く、また、質が確実に担保されています。

  • New England Journal of Medicine(NEJM)
  • The Lancet
  • Journal of the American Medical Association(JAMA)
  • British Medical Journal(BMJ)
  • Annals of Internal Medicine

この5つに続く形で、各分野のトップジャーナル(小児科のPediatrics、循環器のCirculation、血液のBloodなど)が続きます。
「各分野のトップジャーナルと言われても、どれかわからない…」
そんなときは、前述のように上級医に聞いてしまうのがいちばん早いでしょう。

抄読会で読むジャーナルの指定がなければ、まずは5大雑誌を手広く当たってみてください。
このあたりのジャーナルは多くの施設で定期購読しているので、論文検索もしやすいはずです。

PubMedで検索してみる

「論文を探すなら、とりあえずPubMed」という方も多いはずです。
興味のあるワードをPubMedで検索して、出てきた論文の中から抄読会に使えそうなものをピックアップします。
ただし、抄読会に慣れないうちは、「どんな論文が、抄読会に適した良いものとされているのか」も分かりづらいと思います。
質の高い論文を効率よく見つけるためには、ここまでで紹介してきたような方法を使ってみることをオススメします。

みずきち
「論文を自分で検索する力をつけたい!」という目的もあれば、試してみるのは全然アリです。

ちなみに、興味のあるワードについて定期的に情報収集をしたい場合には、特定の検索内容について定期的にメールなどでアラートをさせる方法もあります。
詳しくはいずれまた別記事で紹介します。

論文紹介サイトを使ってみるのも手

どうしてもうまく見つからなければ、論文紹介サイトを参考にしてしまうのもアリです。
臨床的にインパクトがあるような論文を、要点をまとめて日本語で紹介してくれているサイトが数多くあります。
あえてここで紹介することはしませんが、Googleなどで検索してみてください。
各科の専門の先生が個人ブログで紹介しているものもありますし、m3などの医師向けサイトで論文のアブストラクトを紹介している場合もあります。

みずきち
ネタ探しに困ったら、このあたりをチラッと覗いてみるのもアリ。

注意点として、内容の正確性や、実際に臨床に役立つかどうかというところは完全に信用できるわけではないかもしれません。
書いてある内容をそのまま抄読会で発表するのではなく、あくまで抄読会のネタ探しの参考にする程度に留めておいてください。

まず、どこで論文を探すかが大事。

抄読会に慣れないうちは、素直に上級医にオススメジャーナルを尋ねるか、ハズレのない超メジャージャーナルから選ぶか。

抄読会のネタ探しに時間をかけるあまり、論文自体を読み込む時間が足りなくなるのでは本末転倒です。

自分のレベルに合った論文検索の方法を用意しておきましょう。

みずきち
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!
関連記事

多くの施設で行われているであろう『抄読会』。研修医の頃は、抄読会の発表担当が特にイヤでした…ローテート期間も短く、その科の勉強もしなければいけないのに、よくわからないジャーナルから論文を探し出すのが苦痛でした。今[…]

関連記事

「論文も資料も、じっくり読んでる時間なんてない!」「せっかく時間に余裕があるなら、論文よりも自分の好きなことに使いたい!」ローテ科の抄読会を任されたり、担当患者の疾患に関する文献を突然渡されたり。そんな経験のある研修[…]

研修医としての働きかたに悩んでいるあなたへ。

「理想の研修生活を送れていない…」
「思った通りに仕事ができない…」
「周りからの評価が低い気がする…」

自信がないまま、日々の仕事をしていませんか?

このサイトでは研修医の仕事の悩みの解決方法を解説します。
その中心になるのが、「iPadをいかに使いこなすか」ということ。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

iPadこそが研修医に必要な仕事道具である